使えるものは最大限に利用

2014–01–28 (Tue) 00:27
   
 シドニーからの飛行機が13時間遅れだったとは以前書いたのだが、

その遅れの中で私自身の悪あがきがあったのでそれをご紹介♪





夜の10時20分フライト予定で、乗員乗客が飛行機に乗り込み、

離陸を今か今かと待っていたが、雷と大雨による天候不良でキャンセルされ

翌日の朝10時30分に延期されることになった。





えーどんなんの? なんかホテルを用意するようなことを言っているけど

その他6便もチャンセルで、何百・何千人の宿泊施設を確保できんの?






不安の中飛行機を降ろされ、その間に航空側から1枚の書面をもらって、

他の人に付いていくと、大広間で係りの人が順番にグループごとに

ホテルを割り振っていた。タクシーチケットをもらって、空港の外に出ると

タクシー待ちのお客で大行列だったが、無線を拾ったのか、深夜1時にも

関わらずタクシーがバンバンやってきたのであまり待たずに乗れた。





20分でホテルに着いて、チェックインしたときルームサービスを勧められ

航空側からの支給ということで「フィッシュ&チップス」を頼んで部屋へ。

(機内食を当て込んで、夕食は食べていなかったので腹ペコペコw)





先ほど航空側からもらった1枚の書面をよく読むと、滞在するホテル内で

「50ドル分」使っても良いですよと書かれてあった。お詫びの気持ちか?

悪天候が理由なので航空側を恨むのは筋違いなのだが、せっかく50ドル分

使って良い♪というならしっかり有効活用させてもらいましょうかね。






ホテルには部屋ごとにミニバーがあったり、お菓子が備え付けられている

ことがあり、初めての時は「サービス?」なんて思ったが、そんな甘くなく

飲んだり食べたりすれば後々請求され、しかも値段はたいてい市場の2倍

ということで、便利だからといって手を付けたことは無かった。





しかし今回は事情が違い、50ドル分使える♪ 先ほどの食事が18ドル

だったので後32ドル使える計算。冷蔵庫にオレンジジュースがあり、

これが5ドルと書かれていて、まずはこれを頂いた♪ あとポテトやチョコで

色々な組み合わせをさせると丁度50ドルになるのだが、“連れ”の分も

合わせと、個数が足りなかったのでフロントにもらいに行った! 





フロントでそのことを話すと、「それは無理」とな。 え?

詳しく聞くと、この50ドルとは先ほどのルームサービスの食事と

バフェットの朝食を意味することで、ミニバーやお菓子には適用されない

とのこと! えーーもうオレンジジュース飲んじゃったよ! 

知ってたら「250mlのオレンジジュース(500円)」なんか飲むかぁー!






事情を話すと、「オレンジジュースはサービスします」と言ってくれた♪

50ドル分無駄なく使いきろうという“悪あがき”は見事に失敗して

最後の抵抗として朝食は頂いた! 【ルームサービスを深夜3時に食べて、

7時にチェックアウトだったので朝6時に朝食、腹減ってねぇー(笑)。】






PS 航空側からの書面の「50ドル」について、英語で書かれた文章

だったので、「あやのこ君、訳詞間違えたんじゃないの?」って思った方が

居るかもしれないのでここで本文をコピーしておく!

We will provide a $50 hotel credit per person. This credit can be used towards any product or service the hotel provides.

この文章ならホテルのミニバーが適応されて良いはずなのに・・・



応援クリック】
      

デザートは千葉県産バニラ?

2013–09–13 (Fri) 00:23
   
 今年の冬「オーストラリア旅行」を計画している。考えてみると夏の

ロンドン・パリ旅行ではまともな食事は1回しかなく、朝食はホテルの

バフェットで、昼はほぼ取らず、夜は菓子パンかファーストフードで

終わらせた。理由としてはレストランでゆっくり食事するくらいなら、

その時間を使って「より多くの場所に訪れたい」と計画したから。





まぁもう1つの理由としては、食事に関する英単語(仏語)を良く知らないため

レストランに入ってメニューを見てもよく判らず、適当に指差し注文して

適当に食べる(これも海外旅行の醍醐味?) ・・・ これを嫌ったから。




今回のオーストラリアでは「食事」にスポットを当てるべく、ネットで調べて

色々な豪州レストランのメニューを見て、食事関連の英単語を勉強中♪

scallop ホタテ貝 quail ウズラ pear 西洋ナシ pae えんどう豆





上記のような普通に訳してあるものはただ覚えればいいのだが、それ以外に

翻訳がただカタカナで表記されると、それがなんなのか分からない。

barramundi バラマンディー 何? vermicelli バーミセリ 何?





よく判らない時は今度はその単語で「ググる・画像」でやってみるとその物が

映し出されるので、ようやく理解できる。 shallot エシャロット 何? →

ググる・画像 → 何か玉ねぎの変種的なもんだな♪みたいな感じ。





豪メニューには普通にフランス語やイタリア語がそのまま使われているので

訳すのも大変。 vanilla Mille feuille こういう料理名が出てきて

最初のは「バニラ」と判るが、それ以外は英語ではなさそうとネットの

自動翻訳にかけると「バニラ千葉」 ・・・ えっ? 「ちば」ってなんだよ!

千葉県産のバニラ?(笑) まだまだ自動翻訳も不完全なレベルですな。





よくみると「mille」って「ミル」と発音できそう。しかもこの(仏)単語は

デザートのメニューだったので ・・・ ミルフィーユ あっ ミルフィーユだ!

食べたことないけど、クレヨンしんちゃんでこんなケーキが登場していたw





何となく間のスペースを無くしてmillefeuille」で翻訳かけてみたら

「(千枚の葉の意) パイ皮を重ね、その間にクリームなどを挟んだ菓子」

「千葉」って「千枚の葉」ってことか! 千葉という文字を見て、「千葉県」

の千葉としか認識できなかったが、元々最初から正しく訳されていたのね!

自動翻訳ではなく「私」がバグっていたみたい(笑)。






さらにこんな単語が出てきた、 foie gras フォイエグラス ・・・

数秒考えて「フォアグラ」と読めた。 実は前回のロンパリ旅行の帰り、

空港の免税店でこの缶詰を買って、トーストや牛肉と一緒に食べてみて

これが世界三大珍味の1つかぁー(特に美味しいとは言えないw)。





ファアグラって実際のところ何?って調べてみると ・・・ 脂肪肝 

ガチョウや鴨は渡りのために予め肝臓に脂肪を蓄えて、

脂肪肝になる性質があり、悪知恵が働いた人間がそれを逆手にとって、

渡りもしないガチョウや鴨に“強制的に”必要以上に餌を与えて太らせて、

人工的に「脂肪肝」を作り上げているという・・・。

(もし人間が脂肪肝になると、肝臓ガンや肝硬変を誘発する恐れがある)





残酷な手法、可哀そう ・・・ って一瞬思っちゃったけど、それは偽善!

人間は普通に生きるために動物殺戮を日々繰り返しているわけで・・・。





PS 今後出会った相手が「千葉県出身です。」って自己紹介してきたら

我慢できずに「へぇーミルフィール出身かぁー」って言っちゃいそう(笑)。




応援クリック】
          

15:パリは危険な都市?

2013–09–09 (Mon) 00:22
   
 ロンドンに5日間、パリ・モンサミッシェルに9日間の旅行も

とうとう最終日を迎えて、朝9時にホテルチェックアウトして、

午後3時半までは自由なのでスーツケースを預けた。送迎の時間まで

後6時間半、これまで行けてなかったところを優先順位をつけて廻ることに! 





まずは地下鉄に乗ってサン・ジェルマン・デ・プレ教会へ、

そして歩いてサン・シュルピス教会。ここは映画「ダ・ヴィンチ・コード」」で

有名になった場所。まぁ私も映画を見て初めて存在を知った一人w

rose line
映画の中では「ローズライン」として登場♪

yakob.jpg
よく知らないけど、「ヤコブと天使の戦い」という有名な絵♪





前回閉館していたパレ・ガルニエ(オペラ座)に行ってみると、今回は

空いており入場。別にオペラを見るのではなく、内部を見学するだけ。

stair.jpg
大理石でできた階段が有名らしい(注:写っているのは私ではありません)。

opera.jpg
通れなかったけどこんな通路が! ヴェルサイユ宮殿を思い出す♪




 
モネの連作「睡蓮」のためだけにオランジュリー美術館へ。

まだ時間があったので、パレ・ロワイヤルへも行った。

palais royal
なんか不思議な広場。





パリでの計画では超有名・普通に有名・少しマニアックの30箇所以上の

場所に立ち寄る予定で、ここまででほぼ予定通りに来ていて残すは1つで

パルテオンとなっていた。時間的に間に合うので「旅行計画完璧遂行」

させようと思ったのだが、実は1つ思い残すことがあって、それは・・・





凱旋門をバックに写真を撮っていなかったのだ。この旅行で2回立ち寄るも

何故か撮り忘れており、パンテオンより3回目の凱旋門を選んだ♪

arc sideview

arc straight






いろんな角度から凱旋門を撮り、自身も撮って、ホテルへ戻り

送迎バスに乗ってシャルル・ド・ゴール空港へ向かった。その途中に

話をしたのだが、その方はパリ3年半在住の日本人で、私が

「パリ初日に“パリは危険な町”、犯罪に気を付けながら旅行を!って

脅されたけど、結局特に何も問題ありませんでしたよ」って言うと

『それは良かったですね、私なんて大抵のことは起こっていますよ』と。





1. 地下鉄でアイフォーンをポケットから盗まれた

2. クレジットカードを悪用され、€500の買い物をされた
   (いつの間にかにスキミングされたらしい。保険で損害なし)

3. マンション空き巣に入られた





日本人って狙われるらしく、会社からは「普段は汚い恰好をしろ」と指示され

極力「お金を持っていない」ことをアピールしているらしい。

旅行期間中特に問題なかったので油断していたが、やはり現状のパリって

危ない街の様子。何事もなく過ごせたのはある意味ラッキーだったのかも♪





初日の「治安の悪さ(特にスリ)」をレクチャーされ、チェーン付きの財布や

ポケットにチャックのあるズボン、そしてパスポートやカードを下着と上着の

間で隠れるように肩から掛けれる小物入れに入れて対策をやったおけげで

スリには近寄られなかっただけだったのかも♪ 何もなくて良かった♪





結果として、初日こそ「治安が最悪との情報」、「初めて声かけたフランス人

に無下にされた」、「どしゃ降り」、そして「エッフェル塔が工事中」などで

パリ旅行のテンシャンがどん底に落ちたが、翌日からは“注意しながらも”

電車に乗って、観光スポットではバンバン写真を撮って、深夜も動いて

ほぼ計画通りに遂行できたので旅行自体は大変楽しく大成功だった♪





空港に着いて、税金払い戻しの手続きを済ませて、成田空港へ帰還。

前回もそうなのだが、飛行機が“行きは遅れる”くせに帰りは遅れなかった! 

行きは向こうでの旅行時間が削られるように飛行機は遅れて

遅れても全然かまわない帰りは全く遅れず、予定より早めに到着とは(笑)。



応援クリック】
              

14:モンサンミッシェル(夜景)

2013–09–04 (Wed) 01:26
      
 朝からバスに乗ってモンサンミッシュルまでやってきて、昼食後に

島内、島周りを探索して、夕食中に大潮の楽しみ、最後は夜景、

この夜景が一目見たかったので一泊することにしたのだった♪

mont at night
大潮で周りが海水に覆われて幻想的♪
mont at night1





ちなみにロンドン・パリで、旅行客のアジア系では圧倒的に中国人が多く

さすがGDP世界2位を思わされ、日本人は思ったほど遭遇しなかった。

しかしモンサンミッシュルでは日本人だらけで、逆に中国人はいない感じで

特に深夜のモンサンミッシェル島内外を歩いている旅行客はほぼ日本人で

フランスにいながら日本語しか聞こえてこなかったよ(笑)。

(日本の旅行会社、モンサンミッシェルを押しすぎなんじゃないの?)





rue at daytime
日中メインロードは人混みで大変だが、深夜は当たり前だけど・・・。
rue at night

夜景を楽しんだ後部屋に戻って就寝。翌日元々ツアー代金に入っていた

ホテルのバフェットスタイルの朝食を食べて、11時ギリにチェックアウト。

その後島内くまなく探索して、時間が余ったので修道院に何度も入って

午後4時半頃、お迎えのバスに乗って、360キロ先のパリ市内へ。





ツアー解散後、アルマ広場の「自由の炎」を見に行った。

flame of freedom

ちなみにここの地下トンネルでダイアナ元妃が事故死したという。





この後すぐにエッフェル塔に再度登って夜景を見ようと向かう予定だったが

ここアルマ橋からエッフェル塔が良く見え、時間が22時45分と、もうすぐ

23時のシャンパンフラッシュが見られるということで待つことにした。

alma.jpg
フラッシュ前のエッフェル塔、手前は川下り中のただの船なのだが
カメラのフラッシュと船のライトが相まって爆発しているみたい(笑)。

alma1.jpg
シャンパンフラッシュ中♪





フラッシュ後地下鉄に乗ってエッフェル塔に向かって、23時半頃目の前の

トロカデロ庭園までやってくるも、時間的に登るのは難しいだろうと諦めて

最後のエッフェル塔を写真に撮りまくり、24時のフラッシュを見てホテルへ。

last flush
↑シャンパンフラッシュ中  ↓通常ライトアップ
last effel



応援クリック】
              

 | TOP |  次へ »

プロフィール

あやのこ

Author:あやのこ
   



あやの語:
分からない用語はここでチェック

1箱シンドローム
箱を基準に止めちゃう行為
(詳しくはこちら

PFタイム
ボーナス後ゼロ回転で止める時間帯
(詳しくはこちら

128グミ
128ゲーム目前後を意識する人
オカルト信者・オリ法信者など
(詳しくはこちら

サミット流し
最高獲得枚数で止めること
(詳しくはこちら

ジロ蝶
他人の台の状況を気にする人
(詳しくはこちら
ジロ蝶への殺意(詳しくはこちら

12捨13入
余りコインの考え方
12枚以下はゼロとカウントして
13枚以上は25枚あると計算する。
(詳しくはこちら

レンコン
強打・連打する人

ワンボ狙い
天井RT機能付き機種にて
期待値プラスのハマリ台を狙うこと。
稀にただボーナス1つを狙うこと。

バ稼動
バカな稼動、アホな立ち回りのこと。
  

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター